Info-Human Technology

人に寄り添う、人を守る「技術」と「サービス」

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

PHILOSOPHY

企業理念

「人の力」と「情報技術」の融合
 " Info-Human Technology "を実現する技術とサービスで愛される企業に!

今後の社会生活において、情報技術一辺倒のソリューションではなく、「人のちから」と「情報技術」を融合した、人に寄り添う、人を守る「技術」と「サービス」が重要となってきます。

i LAは、この”Info-Human Technology”を実現する 技術、製品、サービスのコンサルティング、企画、ソフトウェア開発、販売を通し、単に機能・性能・利益のみを追求するのではなく、自然を意識し、人に優しい、人を助ける、技術、製品、サービスを提供する「愛される会社」を目指します。

SERVICE

事業内容

家族でテレビを見る住民主体のICTまちづくり支援事業「住民主役の協業のまちづくり」を施策とする行政の取り組みにおいて、地域ぐるみで情報共有を促進し、双方向通信の特性を活かした「地域の課題を地域で考え地域で解決するICTサービスの構築」を実現するためのまちづくり支援ツールを開発、提供します。 開発する若者ソリューション開発
コンサルテーション事業
ソリューション開発をされる企業様に対し、ハードウェア・ソフトウェア・コンテンツ・マーケティング、他業界の技術やノウハウをトータルコーディネーションし、クライアント様に最適なソリューション提案と企画・開発サポートを行います。
illaletロゴイラスト素材のアウトレットサイト
illalet(イラレット)
「イラスト素材のアウトレット屋さん」を由来としたイラスト素材の配布サイト。このサイトで配布しているイラスト素材は、商用、非商用に限らず利用でき、クレジット表記も必要なし。パワポでの装飾、ウェブサイトでのイメージイラストなど、誰でも無料で利用できます。

CASE STUDY

事例・実績

実証事業概要図

会津若松市湊地区のICTを活用した
中山間地域づくり事業に参画

中山間地域生活支援システムの構築と運用を担当

2017年10月から運用開始

湊地区内で十分な情報発信がされておらず、回覧板等も限られた世帯しか見ず、高齢者に地域のお知らせが伝えづらい現状があった。また公共交通のバス路線から離れた地区の住民が多く、買い物支援や見守り支援などの地域課題に対応する必要があったため、 ICTの力で生活を便利に、地域の活性化を目指すことを目的に、高齢者に馴染みがあるテレビを情報基盤とする生活支援システムの構築と、デマンド型乗合自動車の導入と運用を行うこととなった。

 
 
 

中山間地域のコミュニティーを再生
住民の住民による地域チャンネル「みなとチャンネル」

「子供の姿が見られて嬉しい。地域で会ったときに会話のきっかけになる」と高齢者にも好評のみなとのお知らせ。地域住民の代表となる協議会メンバーが運用の中心を担い、テレビを操作するだけ で、協議会や公民館、地域の学校 などが配信する地域の情報を住民 が毎日受け取れる仕組みです。

テレビを操作する高齢者